HOME > デザレックス(エリアス)について

デザレックス(エリアス)について

デザレックス(エリアス)ジェネリックってどんな商品なの?

オオサカ堂でも現在、取り扱っているエリアスは、先発医薬品デザレックスのジェネリック医薬品です。デスロラタジンが主成分となっており、主に花粉症などのアレルギー疾患に対して使用されています。

一般的にアレルギーの症状は、ヒスタミンと呼ばれる物質が放出されることにより起こります。しかしこのヒスタミンは、H1受容体(ヒスタミン1受容体)という場所に結合しなければ、アレルギー反応を起こすことが出来ません。そこで、このH1受容体の働きあらかじめ阻害することで、アレルギー反応を抑える働きをするのが、このエリアスです。アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒に効果を発揮します。デザレックスのジェネリック品エリアスは、抗ヒスタミン薬と呼ばれる医薬品となります。

デザレックス(エリアス)ジェネリックの特徴を教えて!!

一般的に抗ヒスタミン薬は、有名な服用の一つとして“眠気”が挙げられます。これは先程も書いた通り、抗ヒスタミン薬は、アレルギー反応を抑えるため、脳内でH1受容体を阻害します。その際、人間の覚醒にまつわるところも阻害してしまうことで脳機能が低下し、眠くなってしまうといわれています。ところが、このオオサカ堂で買うことが出来るこのデザレックス(エリアス)ジェネリックは、抗ヒスタミン薬でありながら、代表的な副作用の眠気が抑えられているのが特徴です。

ちなみに主成分であるデスロラタジンは、すでに米国や欧州など世界120ヶ国以上で承認されており、第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれています。日本では、2016年9月に承認されている医薬品です。すでにオオサカ堂のレビューにも、使用された方の声が沢山掲載されています。

デザレックス(エリアス)ジェネリック使用における注意点

デザレックス(エリアス)ジェネリックは、服用してすぐに効果がでるものではありません。約2~4週間後に効果が表れるといわれておりますので、自己判断で中止したりせず、必ず医師の指示どおりに服用してください。また、副作用の眠気が改善されたとはいえ、本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。飲み忘れたとしても、2回分を一度に服用することはやめたほうがが良いでしょう。

その他の副作用として、白血球数増加、血中コレステロール増加、ショック、アナフィラキシー、てんかん、痙攣、肝機能障害、黄疸などの症状が報告されています。また、本剤の成分又はロラタジンに対し過敏症の既往歴のある方は服用しないでください。オオサカ堂のホームページにも情報が掲載されていますので、ぜひ、ご参考ください。

1