HOME > ザイザルジェネリックについて

ザイザルジェネリックについて

ザイザルジェネリックは第2世代抗ヒスタミン薬

辛い花粉症の症状を抑えてくれるザイザルジェネリックは、その名の通り、先発品ザイザルのジェネリックです。ザイザルジェネリックは、いわゆる「抗ヒスタミン薬」と呼ばれている医薬品です。この抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンとヒスタミンH1受容体と呼ばれる物質が結合しないようにすることで、アレルギー症状を抑える働きをします。また、第2世代抗ヒスタミン薬に分類されており、第1世代抗ヒスタミン薬に比べ、代表的な副作用である眠気や胸やけが少ないとされています。

花粉症のお薬というと、どうしても眠くなるというイメージがありますが、それは第1世代の印象が強く残っているせいなのかもしれません。通常、成人にはレボセチリジンとして1回5mgを1日1回、就寝前に経口投与します。もちろん、オオサカ堂にて取扱い中です。

ザイザルジェネリックの特徴

ザイザルジェネリックは、ヒスタミンH1受容体の働きだけを強力にブロックすることで、アレルギー症状(くしゃみや鼻水、蕁麻疹、かゆみなど)を緩和する医薬品です。アレルギー症状というと花粉を思い出しますが、オオサカ堂のレビューなどで話題となっているのが、ペットなどによる動物アレルギーへの効果。こちらも同様に、しっかりと効果があると評判です。また、1日1回の服用で済むという長時間持続する作用に対しても高い評価がされています。

オオサカ堂の説明ページによると、ザイザルジェネリックは、24時間の安定した効果が持続するとのこと。またさらに、即効性の高さを魅力して上げる方もいらっしゃるようです。とっても辛いアレルギー症状が、服用してすぐに緩和されるのですから、非常にありがたい特徴の一つです。

ザイザルジェネリックとのつきあい方

花粉症に対し、ザイザルジェネリックを上手に活用する方法として、予防薬的な使用方法をおすすめします。これはオオサカ堂の説明ページにも記載があります。つまり、花粉が飛びはじめる前から服用を始めることで、シーズンに入ってからの症状が軽く済むとのことです。とはいえ、やはり医薬品であることには違いありません。

第1世代抗ヒスタミン薬に比べ少ないとされながらも、副作用は存在します。代表的なのは、やはり服用した翌朝の眠気や倦怠感です。よって、服用した後の車の運転や危険な作業は、念のため控えましょう。また、飲酒とともに服用してしまうと、これらの副作用がより増長されてしまう恐れがありますので、同時服用もやめましょう。ザイザルジェネリックを、しっかり用法を守った上で服用し、辛い花粉症の時期を乗り越えていきましょう。

1